「立夏」(りっか)からの15日間【マンネリ歯科に変化をもたらす七十二候(しちじゅうにこう)7】

立夏(二十四節気)

二十四節気の7番目「立夏」(りっか)

2016年の「立夏」は、5月5日

「夏も近づく八十八夜」も過ぎ、今日は「端午の節句」でもあります。
都会や住宅街ではベランダなどに小さなこいのぼりが見られますが、田舎ではいまでも大きな竹やポールに雄大なこいのぼりが泳いでいるのを目にすることが出来ます。自分や我が子が小さかった頃を思い出し、少しノスタルジックな気分にもなり、しかも嬉しくもあるこの時期の風物詩です。

端午の節句(こいのぼり)

二十四節気シリーズ、第7回目です。

今回は、くどい前置きは省いて・・

早速?!
本題の

「立夏」いってみましょう?!

 

【初候】かわず はじめてなく(蛙始鳴

カエルは幸運を招く

このシリーズ記事でも七十二候によく登場している「カエル(蛙)」
日本だけでなく、豊穣、多産などの象徴的な存在として、概ね「幸運」を意味することが多いようですね。

確かウィーンの有名な高級陶磁器?ブランドの「ヘレンド」の置物にもカエルがあります。

カエルの王様の置物や、小皿の縁にカエルがのっているものなどいろいろあるのですが、水辺を想像させたり、王国や多産という発展をイメージさせるものが多いと思います。すごく小さな置物ですが、存在感は抜群です(お値段も存在感あり!)

農耕民族であり、水耕栽培の稲作(お米)を中核としてきた日本にとっては、水と密接な関係にある蛙は稲作の季節感をイメージする存在なのだと思います。夏も本格的になると、夕方〜夜には田んぼから聞こえてくるカエルの鳴き声を聞きながら涼むものです。

そんな夏の始まりを告げる「立夏」のシンボルとして蛙は欠かせない存在だと改めて思うのです。

【次候】みみず いずる(蚯蚓出)

945e4760e87cb9d80d1369ff035ce088_s

ミミズは、豊かな土壌の象徴です。
ミミズがいる土地や畑は、農業やガーデニングに適していると言われます。

このミミズ、他の生き物よりも姿を表わすのが少し遅いとされていて、この立夏の時期の七十二候に登場するのです。ミミズが姿を表したということは、すべての虫や生き物が活発な活動をしていることを伺い知ることができるのです。

何事も土台が大切。
すべての礎(いしずえ)となる土地。肥沃な大地としっかりとした地盤の土地があってこそ発展するのだと思います。

これは、ビジネスも歯科医院経営も同じ。
まずは現在の地盤を固め、新たな土壌(マーケット)を準備しつつ、新たな作物(新規治療導入や新患獲得)を植え、収穫するサイクルを整えることが大切です。

経営やマーケティングの基本とも言えます。
経営は農業と似ていると感じるのもこういう共通点があるからだと再認識させられます。

 

【末候】たけのこ しょうず(竹笋生)
b73146f026b56e800e4281cad9240941_s

京都市近郊では、長岡京、向日市、京都市西京区の太枝(おおえ)が筍の産地として有名です。

柔らかく、良質なタケノコは写真のように地表に姿を表したものではありません。
まだ地中にあるうちに、名人とも言われるひとが掘り当てるものだと言います。

先日京都の嵐山に住む年配の方と話していたら、今でも長岡京や向日市などにタケノコを買いに行って、自宅で炊いて知人や友人、息子さんなど離れた家族に送っているそうです。

初夏を思わせる風物詩となのだと改めて感じる出来事でした。

是非とも
そんな季節感を患者さんに感じてもらえるような医院空間にして下さい。

タケノコを炊いたん(たけのこをたいたものということ)は用意できなくても、小さな紙にそういう季節情報や旬の食べ物のこと、その食べ物が手に入ったり、食べられる近所のお店や場所を書いたものを手渡してあげるだけでも歯医者の印象は変わってきます。地域との交流や協力関係の構築にも繋がる小さな一歩でもあります。

そういう小さなことの積み重ねが、長いスパンで見た時に「口コミ増加」や「リコール率(リピーター)増加」にもつながっていくものです。

 

自分のクリニックスタッフだけでは、待合室の空間づくり、雰囲づくりをどうしていいかわからないということも多いと思います。そんなお悩みがあるのなら、先生の環境や事情にぴったりの方法、そして出来るだけ手軽な方法をご提案してお手伝いしますので、お気軽にメッセージください。

歯医者という存在をもっと日本人にとって身近なものにして、歯科全体で一丸となって『受診率倍増』をめざしましょう!
自分の医院だけ勝てばいい、繁盛すればイイという考えでは先細りになってしまうものです。

歯科を身近に感じてもらえるようにするためにもっと楽しく、居心地良い医院空間=「場」の創造に取り組むことが重要です。もう歯医者は怖い場所、嫌な場所ではないと皆さんに教えてあげたいですよね!!!

その方法を皆で考えていきましょう!
それでは、また。


【編集部おすすめセミナーDVD」】江藤さんセミナーヘッダー画像2.001

「場」と「空間」づくりで
『リコール率』激増「女性患者の心を掴み、また来たいと思ってもらえるファン患者化への黄金法則」
→詳しくはこちら

 

運営者

運営者「歯科医のための年収UP講座」主宰

投稿者プロフィール

「セカンドオピニオン推進委員会」代表。

15年以上に渡り、1000名以上の歯科医に「増患・自費率アップ」など、Webを中心とした歯科医院のマーケティングノウハウを指導してきた実績をもつ。

現在は、経験を生かした発展型歯科コミュニティー「歯科医のための年収UP講座」主宰を通じて、専門分野であるマーケティングの枠にとどまらず、歯科食育士検定事業・食育(予防歯科医療)・スタッフ教育(接遇)・医療法人化・資金の最適化・資金調達・税務・保険・投資・事業承継・相続など、歯科医院経営にまつわる問題に関する講座やセミナーを企画・プロデュースし開催している。

この著者の最新の記事

関連記事

『プレミア倶楽部メンバー限定コンテンツ』

人気のページ

  1. 2015-12-24

    食育予防歯科セミナー参加者の声【広島県開業・歯科医師】

    すでに食育・栄養指導を基礎に据えた「予防歯科」に取り組んでおられる歯科医…
  2. 2014-12-14

    自費顕微鏡セミナー[講師:三橋純先生]参加者の声(歯科医師)【大阪府高槻市開業】

  3. 2014-5-12

    最強スマホ増患講座(リアルネット・講師:松本剛徹 氏)参加者の声【歯科医師・長崎県開業】

    歯科医院の最強スマホ戦略を熱く語る講師の「松本剛徹氏(株式会社リアルネット)」 売上アッ…
  4. 2014-11-15

    セミナー参加者の声【歯科医師・院長】

患者さんの食生活を把握できてますか?

『食育予防歯科研究会』

プレミア倶楽部メンバー入会方法

『プレミア倶楽部メンバー入会方法』

会員ログイン

有料メンバー専用ログイン








» パスワードを忘れた場合
『プレミア倶楽部メンバー入会方法』

歯科で食育が常識に

食育予防歯科セミナーin新大阪

参加者の声

  1. 食育・予防歯科セミナー参加者の声【広島市・南青山デンタルクリニック・山田英治先生】

  2. 参加者の声

  3. 自費顕微鏡セミナー[講師:三橋純先生]参加者の声(歯科医師)【大阪府高槻市開業】

『プレミア倶楽部メンバー限定コンテンツ』
『食育予防歯科研究会』
ページ上部へ戻る