「奥歯が少し欠けてますね〜歯ぎしりしてるって言われませんか?」【患者さんとの会話例集】

「●●さん、奥歯が少し欠けてますねー。
歯ぎしりしてるとかご家族に言われたことありませんか?!」

こんなふうに歯医者さんで言われたら、私ならドキッとします。
そういう何気ない会話を自然にしてあげて欲しいんです。
ドキッとするひと言が患者さんを行動に導くのです。

誤解しないでくださいね。
恐怖心を必要以上にあおったり、脅せと言っているわけではありません。

でも、人は得られるよりも『失うこと』の方が嫌だし、恐怖を感じるんです。
だから、気になり始め、気を付け、行動に移すことができるのです。
(患者さんの思考が変化し、行動変容を起こしてくれると大きいですよね)

「私って、歯ぎしりしてるんや〜」

寝ている自分のことなんて、家族やよっぽど親しい友人しか知らないことですよね。
そんなに頻繁で、自分の安眠が脅かされるほどでもないなら、家族でも気を使って教えてくれないかもしれません。
でも、「歯が欠けている」という具体的な事実から『歯ぎしり』という自分の知らなかったことを知った時、きっと治したいと自然に思うはず。

はい、患者さんがそう思った【その瞬間】がチャンスです。

歯が破折するのもイヤだし、そもそも友達と旅行に行った時に「歯ぎしり」したら恥ずかしいですからね。

そこで、解決策を教えてあげましょう。

「マウスピースを付けて寝るようにすると良くなることが多いですよ。試してみますか?」

このひとつのキッカケが、欠けている歯を治したくなるキッカケにもなります。
他の歯のこと、口腔内のこと、顎の歪みや表情筋のこと、
そして健康のことへと関心が広がります。
(私は、このことを「情報同士をリンクさせる」と呼んでいます)

「歯ぎしりはね、ブラキシズムって言って・・・」

そこから、睡眠の話題や全身の健康への影響なんかへ繋げていけば、患者さんはチェアから起き上がらんばかりに興味を示します。
そしてその患者さんは、ブラキシズムという知識(キッカケ)を最初に与えてくれた先生に感謝をすることになり、少なくとも歯のことに関しては先生に毎回相談することになるでしょう。

とにかく、患者さんとの会話を大切にしましょう。
それは、自費を獲得するためではなく、患者さんの豊かで明るく幸せな生活のためです。

その幸せは、必ず先生や歯科医院スタッフの元に返ってくるものです。
それでは、また。


【編集部オススメ】江藤さんセミナーヘッダー画像2.001

女性の気持ちが分かるセミナー第一弾
『リコール率』激増「女性患者の心を掴み、また来たいと思ってもらえるファン患者化への黄金法則」
→詳しくはこちら

 

運営者

運営者「歯科医のための年収UP講座」主宰

投稿者プロフィール

「セカンドオピニオン推進委員会」代表。

15年以上に渡り、1000名以上の歯科医に「増患・自費率アップ」など、Webを中心とした歯科医院のマーケティングノウハウを指導してきた実績をもつ。

現在は、経験を生かした発展型歯科コミュニティー「歯科医のための年収UP講座」主宰を通じて、専門分野であるマーケティングの枠にとどまらず、歯科食育士検定事業・食育(予防歯科医療)・スタッフ教育(接遇)・医療法人化・資金の最適化・資金調達・税務・保険・投資・事業承継・相続など、歯科医院経営にまつわる問題に関する講座やセミナーを企画・プロデュースし開催している。

この著者の最新の記事

関連記事

『プレミア倶楽部メンバー限定コンテンツ』

人気のページ

  1. 2015-12-20

    食育予防歯科セミナー参加者の声【管理栄養士・大阪府・にしさんそう歯科スタッフ】

    【編集部オススメ】上記セミナー収録DVD 食育予防歯科セミナー第二弾 『デトッ…
  2. 2014-11-15

    セミナー参加者の声【歯科医師・院長】

  3. 2014-10-12

    YouTube増患セミナー参加者の声

  4. 2014-12-14

    自費顕微鏡セミナー[講師:三橋純先生]参加者の声(歯科医師)【大阪府高槻市開業】

患者さんの食生活を把握できてますか?

『食育予防歯科研究会』

プレミア倶楽部メンバー入会方法

『プレミア倶楽部メンバー入会方法』

会員ログイン

有料メンバー専用ログイン








» パスワードを忘れた場合
『プレミア倶楽部メンバー入会方法』

歯科で食育が常識に

食育予防歯科セミナーin新大阪

参加者の声

  1. 参加者の声(歯科医師)【神戸市開業・林歯科医院・林祐司先生】

  2. 食育予防歯科セミナー参加者の声【2015年11月15日新大阪開催】

  3. セミナー参加者の声

『プレミア倶楽部メンバー限定コンテンツ』
『食育予防歯科研究会』
ページ上部へ戻る