承認欲求って聞いたことありますか?

スタッフは院長先生に認めて欲しい

人はお金のためだけに働いているのではないんですね。
評価を示す指標の1つとして、給料(お金)は確かに重要です。
でも、それはひとつの要素でしかいんですね。

「うちは地域でイチバン給料高いんだよ」といくら言っても、仕事ぶりを評価してあげないと「先生いつもウザいな」と思われるだけです。

いくら周りの歯科医院と比べて高給を払っていても、認められていない、必要とされていないと感じているとしたら笑顔は消え、ただ仕事をこなしているだけになってしまいます。

「評価してあげる」というのは、具体的には「褒める」ことです。

褒めるのは苦手、どう褒めていいか分からないという先生は、「ありがとう」からはじめて見て下さい。
何かを頼んだ時、やってもらった時、「ありがとう」というだけです。

医院の備品を補充してもらったら

「ありがとう」

書類をコピーしてくれたら

「ありがとう」

コンビニで先生の好きなおやつを買ってきてもらったら

「ありがとう」

ただ、それだけです。

スタッフは、院長先生に認めてもらいたいと思っているんです。
必要とされたいだけなんです。

「ウチの医院、は給料安過ぎると思わへん・・」と愚痴をこぼしているとしたら、それはお金の問題ではないと思ったほうが良いでしょう。

【働きがいがない】=褒めてもらえないから!!

という深層心理の裏返しなのです。

経験の長いスタッフ、勤続年数の長いスタッフ、スキルの高いスタッフほど、こういう認められたい、必要な存在でありたいと思う気持ちは強い。

こういう「スタッフ心理」というか、人の基本的な欲求を

【承認欲求】と呼んでいます。

承認欲求を理解して、スタッフと交わす何気ない会話に少しの気遣いと感謝を加えるだけで、きっとスタッフに笑顔が戻り、やる気もグッとUPするでしょう。

「ありがとう」は、魔法の言葉かもしれませんね。

スタッフだけじゃありませんよ!
奥様やお子さん、家族にも同じことが言えます(←私も気を付けないと!)

当たり前のことほど、重要だと良く言われますが、まさにそれですね。

それでは、また。

運営者

運営者「歯科医のための年収UP講座」主宰

投稿者プロフィール

「セカンドオピニオン推進委員会」代表。

15年以上に渡り、1000名以上の歯科医に「増患・自費率アップ」など、Webを中心とした歯科医院のマーケティングノウハウを指導してきた実績をもつ。

現在は、経験を生かした発展型歯科コミュニティー「歯科医のための年収UP講座」主宰を通じて、専門分野であるマーケティングの枠にとどまらず、歯科食育士検定事業・食育(予防歯科医療)・スタッフ教育(接遇)・医療法人化・資金の最適化・資金調達・税務・保険・投資・事業承継・相続など、歯科医院経営にまつわる問題に関する講座やセミナーを企画・プロデュースし開催している。

この著者の最新の記事

関連記事

『プレミア倶楽部メンバー限定コンテンツ』

人気のページ

  1. 2014-8-18

    セミナー参加者の声

  2. 2015-9-10

    「デンティストYouTuber×スマホLP」セミナー参加者の声【歯科医師・千葉県】

  3. 2014-11-15

    セミナー参加者の声【歯科医師・院長】

  4. 2015-12-20

    食育予防歯科セミナー参加者の声【管理栄養士・大阪府・にしさんそう歯科スタッフ】

    【編集部オススメ】上記セミナー収録DVD 食育予防歯科セミナー第二弾 『デトッ…

患者さんの食生活を把握できてますか?

『食育予防歯科研究会』

プレミア倶楽部メンバー入会方法

『プレミア倶楽部メンバー入会方法』

会員ログイン

有料メンバー専用ログイン








» パスワードを忘れた場合
『プレミア倶楽部メンバー入会方法』

歯科で食育が常識に

食育予防歯科セミナーin新大阪

参加者の声

  1. YouTube増患セミナー参加者の声

  2. 食育予防歯科セミナー参加者の声【広島県開業・歯科医師】

  3. 参加者の声

『プレミア倶楽部メンバー限定コンテンツ』
『食育予防歯科研究会』
ページ上部へ戻る