求人広告に衛生士の応募がない、求める人材が見つからない【歯科医院経営者・院長先生の最大の悩み】

歯科医院の求人特設サイトを作成運営する重要性

だれか良い衛生士さんいないかな?

歯科医の先生方の増患・自費率UPの対策、コーチング・コンサルティングに携わるようになって十数年が経ちますが、初期の頃も現在も変わらず相談を受けることと言えば、「求人」と「スタッフの離職」についてです。

歯科衛生士さんが足りないんだけど(求人広告を出しても応募が少ないもしくは全くない)
結婚して旦那さんが転勤になったから来月までで辞めるって言うんだ
いちばん出来る衛生士さんに赤ちゃんが出来てね〜、今月までしか働けないんだよ(一応、休職扱い。復職してくれると良いけど)・・

こんな感じでお話を頂くことが多いですね。

「ウチは歯科専門コンサルといってもマーケティングとか広報戦略が専門ですからねー」

実際そうお答えするしかないわけですが、当時(10年以上前)から一つだけ一貫してアドバイスをしてきたことがあるのです。

それは、

求人専用サイト(ホームページ)をつくった方がいいですよ

ということです。

第一声で「衛生士さん知らないかな?」
と聞くということは、新患獲得用のホームページよりもまず、求人の基盤となる言わば「求人特設サイト」を用意すべきだと常々感じています。

実際、これまでに私のところにコンサルティングのご依頼を頂く先生の多くは、差し当たっての増患に迫られているというよりは、より強固な基盤をつくって売上を落とさないこと、つまりリコール率UPとか患者満足度UPの方が重要な方が多いのです。そのために、良い人材を集め、教育し、チームへと成長させていくシステムづくりはとても重要であり、取り組むべきタイミングでもあるのです。

でも、そんな段階にある先生でも大切な資金(お金)を投じてWebマーケティング、ホームページリニューアル・スマホ(Googleが推奨するレスポンシブWeb対応)化などをするとなれば、やっぱり「新患」が欲しいという気持ちになりがちなのです。

 

成長を諦めたら会社は滅びる

これは経営学では格言的なことばであり、経営者、社長の常識です。
ですから、ホームページをリニューアルするなら新規の患者さんを求めて、売上をアップを目指すことは正しいことだと思います。しかし、技術の高い衛生士さん、患者さんとの会話がうまい、コミュ力が高い歯科助手さん、笑顔とホスピタリティーにあふれた受付スタッフさんを常に確保し、次世代のスタッフを途切れることなく生みだすシステム、仕組みづくりをすることも成長する上では「新患を増やすこと」と同じくらい重要なことなのです。

新規顧客(患者さん)を10%増やすのも、リピート率もしくは顧客単価を10%高めることも同じ意味を持ちます。それを実現するためには、スタッフの能力がとても大きなウェイトを占めるということを再認識して欲しいと思います。もし、いま新患に困っていないという状況ならば、先生の医院に合ったスタッフ、先生の目指す治療や医院の将来像を実現できるスタッフを集めるための準備をする大きなチャンスなのです。

 

自前の求人専用サイトをもつことの意味

人が足りない!
そうなった時、何をするでしょうか?

  • 求人広告を出す
  • ハローワークに相談する
  • 歯科衛生士学校とのパイプを強める
  • 医院のホームページに「歯科衛生士募集」「受付スタッフ急募」と掲載する

おそらく、こんな感じではないでしょうか?

もちろん、これらの施策も大切です。でも、思ったほど応募がなかったり、求める人材とまったく違った人ばかり来たり・・・

それなのに決して求人広告費は安くありません。
1回あたり数万円〜数十万掛ける羽目になります。

歯科医師求人広告の場合なら、年収の●●%の成果報酬を払う必要があることも多いですよね。
にも関わらず、やる気のない応募者に失望感や自分の医院との空気感の差・ギャップがあることも少なくないですよね。

そこで、常々アドバイスしてきた自前の「求人専用サイト」の登場です!!!

 

どんな医院なのか?どんな人たちが働いているのか?

一度、応募する側の気持ちになって考えてみましょう。
給料や待遇が良い、勤務時間がきっちり終わる、衛生面、安全面も最高レベル!

などと書かれていても、一番大切なのは誰とどんな職場(環境)で働くことになるのか?ということ。

そして、先生の歯科医院で働くと、どんな自分になれて、どのような未来が待っているのか?

そこを上手に見せてあげて、ステップアップできる自分の未来像を想像させてあげると変わっていくと思いませんか?!

ここに「求人専用サイト」をもつ意味があるのです。

いかがですか?

「求人専用サイト」
欲しくなって来たのではないでしょうか(笑)

自分の医院だったらこんな求人専用サイトになるのかなー

この機会にちょっと考えてみて頂けたら嬉しいです。

そろそろ、歯科医院の求人は自前のサイトをメインに据える時代になるでしょう。

それに、実は、「自前の求人サイト」には副次的な効果も期待できるのです。
これについては、別の記事にこっそり(笑)書いていますので、上の文字をクリックして読んでみて下さい。

それでは、また。

 

 

 

運営者

運営者「歯科医のための年収UP講座」主宰

投稿者プロフィール

「セカンドオピニオン推進委員会」代表。

15年以上に渡り、1000名以上の歯科医に「増患・自費率アップ」など、Webを中心とした歯科医院のマーケティングノウハウを指導してきた実績をもつ。

現在は、経験を生かした発展型歯科コミュニティー「歯科医のための年収UP講座」主宰を通じて、専門分野であるマーケティングの枠にとどまらず、歯科食育士検定事業・食育(予防歯科医療)・スタッフ教育(接遇)・医療法人化・資金の最適化・資金調達・税務・保険・投資・事業承継・相続など、歯科医院経営にまつわる問題に関する講座やセミナーを企画・プロデュースし開催している。

この著者の最新の記事

関連記事

『プレミア倶楽部メンバー限定コンテンツ』

人気のページ

  1. 2015-12-24

    食育予防歯科セミナー参加者の声【広島県開業・歯科医師】

    すでに食育・栄養指導を基礎に据えた「予防歯科」に取り組んでおられる歯科医…
  2. 2014-9-15

    YouTube増患セミナー参加者の声【歯科医師・埼玉県浦和市】

  3. 2014-10-11

    参加者の声(歯科医師)【神戸市開業・林歯科医院・林祐司先生】

  4. 2015-12-21

    食育予防歯科セミナー(2015年11月15日新大阪開催)参加者の声【管理栄養士・大阪府・にしさんそう歯科スタッフ】

患者さんの食生活を把握できてますか?

『食育予防歯科研究会』

プレミア倶楽部メンバー入会方法

『プレミア倶楽部メンバー入会方法』

会員ログイン

有料メンバー専用ログイン








» パスワードを忘れた場合
『プレミア倶楽部メンバー入会方法』

歯科で食育が常識に

食育予防歯科セミナーin新大阪

参加者の声

  1. 食育予防歯科セミナー(2015年11月15日新大阪開催)参加者の声【管理栄養士・大阪府・にしさんそう歯科スタッフ】

  2. 「デンティストYouTuber×スマホLP」セミナー参加者の声【歯科医師・千葉県】

  3. 食育予防歯科セミナー参加者の声【2015年11月15日新大阪開催】

『プレミア倶楽部メンバー限定コンテンツ』
『食育予防歯科研究会』
ページ上部へ戻る